骨盤臓器脱とはどんな病気?

『骨盤臓器脱とはどんな病気?』

骨盤の中にはたくさん臓器が納められています。

ぼうこう、子宮、直腸などです。この臓器が下がって来、膣(ちつ)の中に落ち込むことがあります。さらに悪化しすると、外に飛び出してしまいす。これが「骨盤臓器脱」です。

自覚症状は色々なタイプが有るようです。中には「おかかの中の物が下がってきたような気がする」とそのものズバリの場合もあるようです。

後は「残便感がある」「股間(こかん)に何かできたような気分」。あるいは、膣からものが飛び出すようになってしまうと、疑いようはないでしょう。

出産を機会に発病することが多いようです。骨盤内の筋肉が出産の際にダメージを受けるのも原因のひとつです。

また、更年期などで女性ホルモンが減少すると、さらに症状が出やすくなるようです。

が、あまり知られていない病気ということもあって、他の病気と勘違いする場合もあるようです。特に多いのは痔(じ)です。

ですから、先に挙げたような症状があったならば、少しでも早く医者にかかるようにしましょう。

薬で治る病気ではありません。症状を抑えるとりあえずの方法としては、リングペッサーリーを膣内に入れることが考えられます。

が、ちゃんと治療するには手術が不可欠です。

最近、主流になっているのが、「メッシュ手術」です。これはメッシュ状になった人工素材を体内に補強材として入れ、下がっている臓器を元の位置に戻すものです。

比較的危険性も少なく、完治できる可能性が高いです。


ページの先頭へ