出産後、女性の骨盤は歪んでいる?

『出産後、女性の骨盤は歪んでいる?』

男性と女性の骨盤はかなり形が違います。

この骨盤が作るスペースを骨盤腔といいます。で、女性のほうが横長で、スペースも広くなっています。当然、妊娠と出産のためです。

この妊娠と出産で大きく骨盤も歪んでしまいます。仕方がないというしかないでしょう。

まず、おなかの中の赤ちゃんの負担があります。また、母体自体の体重増もあります。臨月ともなると、両方合わせて7〜10キロといったところです。

当然、ヒザや腰にも負担がかかります。姿勢も悪くなるでしょう。

骨盤が変形する上に、姿勢も悪くなるのですから、相乗効果でいっそう悪くなってしまうわけです。

出産時にはさらに変形します。赤ちゃんを通すためです。

これで赤ちゃんの体重の分は身体が軽くなります。が、慣れていた体重のバランスの取り方が崩れて、また姿勢を悪くすることも多いようです。

それに問題は骨盤の変形です。赤ちゃんが通った後は元に戻るようになっています。が、完全には戻りきらない人も多いようです。

よく産後に体重がスッキリ落ちない人がいます。「妊娠中にとり過ぎた栄養のせい」とか「母乳を出すためにはしかたのないこと」と考える人もいるようです。

が、大半はそれが原因ではありません。骨盤が歪んだままになっていることで、その周辺や中にある血管やリンパ管が歪みや血液やリンパ液の流れが悪くなっているのです。

このせいで細胞の活動が落ちて、エネルギー消費が悪くなり、また老廃物も排除できなくなっています。これらはいずれも体脂肪がつく原因になります。

「仕方のないこと」ではなく、積極的に対策を採らなければなりません。


ページの先頭へ