人工的なホワイトニング方法

『人工的なホワイトニング方法』

今の時代ならば、歯が白くないことの悩みを解消するには、漂白を考えるのがいいでしょう。「歯のホワイトニング」といえば、まずはこの方法を指しています。

歯科や審美歯科に行って、やってもらうのが一般的でしょう。自分の歯に合わせてマウスピースを作り、その歯型の内側に薬剤を塗る方法です。

これを口にはめていれば、漂白作用のある成分が歯の表面に働きかけてくれます。

また、ほとんど同じことを自分でもできるようなキットも販売されています。

が、この方法では効果が得られないような人もいます。

先天的な理由で歯に色がついていたり、歯が抗生物質などの化学作用で変色してしまった場合です。

「それでも歯を白くしたい」というのであれば、その色のついている部分を取り換えることになります。

「セラミッククラウン」や「ラミネートベニア」といった方法が採られることになります。

セラミッククラウンとは、「陶材の冠」ということです。

今ある歯を削って小さくし、その上から陶材で作った白い人工の歯をかぶせます。どのくらい白くするかは、この陶材の素材で自由に変更することができます。

つまり、一般の虫歯の治療でいう「かぶせ物」のことです。

かぶせ物の内側に金属を使う「メタルボンド」と、すべてを陶材で作る「オールセラミッククラウン」の二つの方法があります。

また、元の歯を削る程度をごく浅いものにとどめておいて、その部分に薄い板状のセラミックスを張り付けるのが、ラミネートベニアです。


ページの先頭へ