虫歯がある場合のホワイトニング

『虫歯がある場合のホワイトニング』

虫歯がある場合、まずはきちんと治療することが必要です。

いくら副作用が少ない漂白によるホワイトニングとはいえ、その患部に薬剤がしみて、激痛が走るようなことにもなりかねません。

また、漂白に使う薬剤の中には、歯の詰め物が取れやすくしてしまうような成分が含まれていることもあります。

この意味からは、完治させてから、ホワイトニングを行うべきでしょう。

が、以上は、あくまで「原則として」です。

必要な治療の程度やその虫歯の位置によっては、ホワイトニングを済ませてから、虫歯の治療をやった方がいいことがあります。

虫歯の程度によっては、差し歯にしたり、かぶせ物にしたりすることがあるでしょう。

その時に、かぶせ物などをセラミックスで作るならば、周辺の歯とも色をそろえます。

さきにかぶせ物などを作ってしまい、その後でホワイトニングをしたとします。すると、周辺のものは白くなり、かぶせ物の歯や差し歯だけが元の色になってしまいます。

セラミックスなどの素材は漂白の影響は受けないのです。

ホワイトニングを自宅でやるのでなく、歯科医に任せているのならば、その虫歯の部分をカバーしたまま、しみて痛みが出ないようにすることも可能です。

が、これも虫歯の程度次第です。

治療は先の方がいいのか、後の方がいいのかは、素人では判断しにくいでしょう。歯科医と十分に相談するようにしましょう。

こういったことを考えると、虫歯などのトラブルを抱えている人は、ホームホワイトニングよりも、オフィスホワイトニングを選ぶべきでしょう。


ページの先頭へ